妊娠する方法.com

不妊症だけど、妊娠したい! なかなか赤ちゃんができない人でも実践できる、妊娠する方法を大公開!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

妊娠しにくい原因 → 冷え性 

妊娠する方法 |


昔からよく、「女の子はカラダを冷やしたらダメ」と言いますよね。

この「カラダ」の意味する部分とは、「おなかや腰」、

つまりは「子宮」や「卵巣」といった生殖器官を指しているのです。


人間のカラダは、冷えるとその機能を低下させてしまいます。

冷えによって血流が悪くなり、

カラダの各器官に栄養が行き渡らなくなるからです。

その結果、子宮・卵巣の機能低下=妊娠力の低下」

を招いてしまうというわけです。

昔の人は、そのあたりのことをよくわかっていたんでしょうね。


さらにこの血行・血流は、自律神経とも深く関係しています。

自律神経は、女性ホルモンを含む、

体内のホルモンバランスを調整しているものです。

ですからこれが乱れれば当然、女性ホルモンの変動やアンバランスを招き、

ひいては生理などの妊娠の機能にまで影響を及ぼすのです


それでは、冷え性を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?


1年のうち、3分の2は手足が冷たいほどの冷え症であるわたしが、

もっともおすすめしたい方法を挙げてみます。


シャワーで済まさず、お風呂につかる!

冬は当たり前ですが、夏でもお風呂につかってください。

冷房で冷えたカラダをそのままにしてはいけません。

湯船につかった瞬間、カラダが冷えていたことに気づくはずです。


夜寒い時は、靴下をはいて寝る!

足が冷たくて寝られない夜は、ぜひ靴下をはいてください。

その際には、足を締め付けない靴下を選んでくださいね。

毛糸やフリース素材がおすすめです。


腹巻をする

一番オーソドックスな方法ですが、一番効果があると思います。

春夏は通気性の良い素材を、冬は毛糸やフリースなどのあったか素材を。

わたしは冬用の、カイロが入るポケット付きの腹巻がお気に入りです。


自分が冷え症だとは自覚がない場合もあるので、

まずは「カラダをあたためる生活習慣」を意識してほしいと思います。






にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
スポンサーサイト
16:00 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

不妊治療で必ず妊娠できる? 

妊娠する方法 |

いろいろ大変そうだけど、不妊治療を受けたらどれくらいの確率で妊娠できるのか、非常に気になるところだと思います。

この点については学会等が発表した統計データがなく正確な数値が分からないのですが、おおよそ50%程度の確率で妊娠にいたっているようです。そのほどんどが「一般不妊治療」と呼ばれるタイミング指導や人工授精によるものだそうです。

このように、不妊治療を受けたからといって確実に妊娠できるわけではないことを知っておきましょう。





にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
05:00 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

不妊治療の受診率が低い理由 

妊娠する方法 |

不妊治療を受けている夫婦は多いことが分かりましたが、不妊夫婦に対する割合で考えるとやはり受診率は低いのが現状です。

それでは、なぜ受診率が低いのでしょうか。その原因として、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 不妊医療にかかる経済的な負担
  • 病院に通院する時間的制約
  • 治療で受ける精神的ストレス
  • 治療による副作用の心配
  • 生活スタイルの変化による妊娠願望の低下
  • 不妊についての知識不足

他にも、普段から健康的な生活をしていれば、「自分だけはいつでも子供を作ることが出来る」「まさか自分が不妊であるはずがない」というように思い込んでしまっている可能性もあります。
(かくいう私もそうでしたので、気持ちはよく分かります・・・。)

しかし不妊というのは、(健康状態も大切ですが)様々な原因が考えられることを忘れないで欲しいと思います。そして、その原因から目をそらすのではなく、しっかり現実と向き合う勇気を持ってもらいたいと思います。



にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
00:32 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。