妊娠する方法.com

不妊症だけど、妊娠したい! なかなか赤ちゃんができない人でも実践できる、妊娠する方法を大公開!

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
--:-- |  trackback: -- | コメント: -- | edit

体質や体型には個人差があり、とてもやせているけれど健康で妊娠に問題がない人、スポーツをして健康的に見えるけれど過度の運動で月経が止まっている人・・・と、何が健康かという一律の判断基準はありません。 しかし、妊娠を考えるからだづくりのために、一般的に気をつけたい事柄をご紹介します。

貧血

女性は月経があることにより貧血気味の人が多く、そのほとんどは鉄欠乏性貧血です。これは、鉄分の多い食事を心がけたり、睡眠不足などに気をつけることで改善できます。また、最近のマラソン人気により、足底への衝撃による溶血で貧血になる例も増えてきているようなので、貧血気味といわれる人は過度の運動に注意が必要です。 生活に支障をきたすほどの立ちくらみ、めまいが起こる場合は、生活習慣による貧血とは異なる、何かほかの病気が原因であることも考えられるので、女性に貧血はつきものと軽く考えずに、内科、産婦人科を受診しましょう。

ダイエット

過度なダイエットはホルモンのバランスを乱し、体脂肪率が極端に下がった場合、月経が止まるなどの障害も出てきます。 妊娠中の体重増加については、一律○キロまで、というように厳しく指導されていた時期もありましたが、最近では妊娠前のその人のBMI(ボディ・マス・インデックス <体重/身長×身長>)を参考に、経過をみることが多いようです。一般に、妊娠前にBMIが低い(やせぎみ)の方は妊娠中の体重増加率が大きく、逆にもともとBMIが高い人は体重増加が小さい傾向にあります。

冷え

女性にとって「冷え」は大敵。血行が悪くなると、月経不順などの障害が起きやすくなります。以下の対策を心がけましょう。

寒い時期には万全の防寒対策を心がけ、特に腰まわりや下半身、首を温めるようにしましょう。寒いからといって部屋の温度を上げても、上半身だけ温まっていては逆効果。下半身を温めることを心がけましょう。就寝中には、湿度を与えながらからだを温めてくれる、昔ながらの湯たんぽがおすすめです。

夏こそ冷えやすい時期かもしれません。特に働いている人は、スーツを着た男性に合わせた温度設定の環境で、震えながら仕事をしている場合も多いのではないでしょうか。エコの観点から言っても、このような状況は改善されていくべきですが、当面の対策としては、足首を冷やさないようひざ掛けを使う、ソックスを履くなどの工夫が必要です。帰宅後の足湯も効果的ですね。

また、食事でからだの中から温めることも大切です。からだを温めるとされる根菜類、しょうがなどを多く取り入れた食事を増やしましょう。しょうが入りの葛湯などでリラックスしながら温まるのもいいですね。

服装・下着

からだを締めつける下着やガードル類は、血行不良を招くだけでなく、むくんだり体がゆがんだりと本来の体型維持にも実は逆効果です。特に月経中は、足の付け根や腹部をしめつけない服装にするとからだが楽になるはずです。

ストレス

過度なストレスは女性のからだに影響を及ぼします。日常のストレスで参っている、という人は、1日に1回、たとえ5分でも、自分が心からホッとできる時間をもてることを探してみましょう。おやつの時間にいただくおいしいチョコレートでもいいですし、帰宅途中に見かける犬と少し遊んでみること、でも何でもいいのです。 産後は、思うようにならない育児生活でストレスがたまりやすくなります。そんなときにも、自分の心とからだをゆるめる方法を知っておくと心強いものですよ。

ストレッチ

日々の生活で受ける精神的な緊張や、ヒールの高い靴、座りっぱなしの仕事・・・などで、女性のからだは固くなりがち。毎日少しずつでいいので、固くなっている関節や筋肉を伸ばすストレッチをすることで、からだは確実に変化してくれます。といっても、特に専門の本を読んで体操を覚える必要はありません。誰もが経験のある「ラジオ体操」は、全身をまんべんなく動かす優れた体操だといわれています。

歯周病

歯周病とは、歯を支える組織のまわりに歯垢(プラーク)が入りこむことで炎症がおき、歯の土台となる骨を溶かしてしまう病気です。症状としては、歯みがき時の出血、ハグキの腫れ、口臭、口の中の粘つき、などがあります。 女性にはあまり縁のないイメージがある方もいるかと思いますが、実は妊娠中の女性は歯周病になりやすく、またそれが影響して赤ちゃんが早産による低体重児になるリスクも報告されています。妊娠中はつわりで歯みがきが十分にできなかったり、歯周病が好むホルモン分泌が増え、どうしても歯周病になりやすい状況となります。パパやママが歯周病だった場合、スプーンを使った口移しなどで赤ちゃんが歯周病になってしまう恐れもあるので、産後も注意が必要です。 妊娠前、「もしかして歯周病かも?」と思ったら、赤ちゃんを授かる前に歯の治療をしておくことをおすすめします。





にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ




Powered by RSSリスティング




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
無料SEO対策入門
09:00 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinglight.blog.fc2.com/tb.php/58-8d43f9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。